若年性認知症 -症状の違い-

高齢者の認知症と
若年性認知症の違いを
今までお伝えしてきました。

 

最初の症状の違いをお伝えしたいと
思います。

 

アルツハイマー型認知症を
高齢で発症した場合、
物忘れが最初の症状となって現れることが
多いです。

若年性認知症では多くの場合、
実行機能障害やそれに伴う
うつ状態が先行するといわれています。

仕事をしている人は
仕事ができなくって
気が付いたり、
女性では家事ができなくなって
気づくことがあります。

 

実行機能とは
物事をいい按配に
すすめる一連の過程です。

 

計画を立て
判断しながら細かい修正をし
目的が果たせるように
計画を遂行していく。

 

この過程が難しくなる。

 

なんだか仕事がすすまない。
なんだかスムーズにこなせない。

そんな時ありませんか?

 

なんだかスムーズにいかない日。
前にすすまない日。

それが外的要因ではなく
内的要因でおこってくるのです。

毎日毎日。
なんでだかわからないけど、
前にすすまない。
スムーズにいかない。

 

やろうとは思うのに
うまくいかない。

 

理由もわからない。

 

理由がわからないからこそ余計
イライラするし、
自分の能力がなくなったのかと
落ち込む。

 

理由はわからないのに
仕事や家事ができなくなってきているのは
自覚できる。

 

こんな自分じゃなかったのに…

そう考えて、鬱っぽくなってしまうのです。