若年性認知症とは?

「私が働いて
姉が介護しています」

若年性認知症のBさん。
デイサービス利用当初は65歳。

それよりもっと前に認知症を
発症しました。

いわゆる若年性認知症です。

若年性認知症とはなんでしょうか?
普通の認知症とどう違うのでしょうか?

若年性認知症とは?

***
従来から言われてきた
40歳から64歳に発症した初老期認知症に、
18歳から39歳までに発症した
若年期認知症を加えた認知症の総称です。

若年性認知症という
独立した病気があるわけでなく、
発症年齢で区分した概念である
(健康長寿ネットHPより)
***

39歳で若年性アルツハイマーと
診断された方もいます。

丹野智文さんという方で
テレビなどにも出ているから
知っている人も多いかも
知れません。

若年性認知症の症状自体は
高齢者の認知症と同じですが、
取り巻く環境は結構違います。

だから、高齢者の認知症とは違う
問題点が出てくるわけですね。

ちょっと考えてみると
80代の人と
40代の人の社会的役割は
結構違いますよね。

もちろん80代でも
仕事をしている人はいますが、
家庭という面から見ると
役割は変わってくるかなと思います。

子供の年齢も
80代なら子供は40代以上でしょう。

40代なら10歳に満たない子供がいても
おかしくありません。

他の病気でも同じですよね。

例えば80代で癌になるのと
40代で癌になるのでは
社会的背景は全く違います。

そう言った意味で、
高齢者の認知症とは違う問題点も
多く出てくるわけです。

若年性認知症の
問題点を踏まえたうえでの介護が
必要になってきます。