若年性認知症の人の社会生活上の問題点

「施設の手伝いをしてたんだけど
それも難しくなっちゃって」

 

若年性認知症で
デイサービスの利用相談に来たAさん。

 

仕事ができなくなり、
でもまだ元気だし、社会の役に立ちたいと
近くで掃除のボランティアを
していました。

でも、そのボランティアも
だんだんできないことが多くなり、
日中はデイサービスが
いいだろうということで
うちのデイサービスに来ました。

 

 

若年性認知症とは
18歳から64歳までに認知症を発症した
場合を若年性認知症と言います。

 

高齢者の認知症と違い、
社会的な問題が出てきます。

 

まず、仕事を続ける事が
だんだんと難しくなります。

 

会社の人が認知症について、
認知症の人とのコミュニケーションについて
理解していればいいのですが、
なかなか難しい。

 

もちろん、理解ある会社や上司で
仕事を続けられるならいいのですが、
そうじゃない場合もあります。

 

働き盛りの大人が
仕事を通じて社会と繋がれないことは
本人にとってはとても辛いことじゃ
ないでしょうか。

 

会社や仕事が好きな人は
自分の居場所がなくなるような
感じもするかもしれません。

 

 

認知症の初期は
まだまだできることが多いので
誰かのサポートを受けながら出来るだけ
仕事を続けるのがいいと思います。

発症を機会に会社の人に
認知症を学んでもらうのも
一つの手ですね。

 

このような働きかけは
大変かもしれませんが
そのあとに必ずいい形になって
かえってきます。

もちろんできる時にできるだけ。
そんな気持ちも大事です。

 

諸事情により、
仕事ができないのであれば
Aさんのようにボランティアで
社会とつながる。

若年性認知症、高齢者の認知症に関わらず
社会との繋がりは大事ですが、
年齢が若ければ若いほど、
社会における自分の役割を意識し
その役割を果たしたいと思うのです。

それを踏まえて、
寄り添いたいなと思います。