若年性認知症の問題点 -見た目-

2歳の子供がふざけて
想定外のことをしていたら
どう思いますか?

例えば、
手でご飯を食べていたり…

ちょっと、その想定外のことを
考えてみてください。





子供がそんなことをしたら
「またふざけて〜」
笑いながらそう言うかもしれません。

では、れっきとした大人の高齢者が
例えば、
手でご飯を食べていたり…

あなたがさっき考えた
想定外のことをしていたら
どう思いますか?






大人なのに、何やっているの!!!
怒りながらそう思うかもしれません。
(もちろん、笑っている人もいるでしょうけど)

同じこと(想定外のこと)をしているのに
なんでこんなに
受け止め方に差があるんでしょうね。

その理由の一つはやはり、
見た目が大人で
自分と同じだけの社会性を
身につけているだろうという
前提があるからです。

高齢者でも、受け止め方に差があるのに
若年性認知症で見た目が若ければ
なおさら、何やっているの?
そう思われる。

認知症と知っている
近しい人でも、そう思いがちなので、
知らない人なら、さらに
そう思うでしょう。

おでこに、
アルツハイマー病ですって
表示されれば、わかりやすいんですけどね。

同じ想定外のことをするにも
見た目により、反応が違う。
2歳の子供なのか
認知症の高齢者なのか。

 

若年性認知症だと
さらに著明に反応が違うわけです。

 

だって、想定外のことをしなくても
40歳の人が、何度も同じことを言ったら
なんだこの人?ってなる。

ふざけてんの?
からかっているの?
わざとなの?

外見が若いから
どうしても
そう思われちゃうんですよね。

 

以前40歳の若年性認知症の人が、
認知症だから道がわからなくなる、
だから、通りすがりの人に道を聞く。

そうすると、
「新手のナンパですか?」って聞かれる。
大変な思いをしています。
そんな話を聞きました。

見た目が若くて、
病気が無いように見える。

だからこその苦悩なのです。

認知症だからとか、
認知症じゃないから。

そうじゃなくて、
目の前の人は
どんな認識を持っているかな?

そう思ったら
外見にとらわれずに
寄り添えるかもしれませんね。