若年性認知症の心のケア

これまでお伝えしてきたように
高齢者の認知症と
若年者の認知症では
社会的背景に
大きな違いがあります。

 

どんな病気でもそうですが
発症が若ければ若いほど
将来・未来がなくなるようで
不安が強くなります。

 

高齢者の認知症の人が
不安がないと言っているのではなく
比較として、若年者の方が
平均寿命まで時間がありますから
精神的ダメージの種類が違うのです。

だって、誰もが自分が病気になるとは
考えてないですからね。
(若いうちは特に)

ところが、病気になってしまった。

社会から必要とされなくなる不安
お金の不安
子供に対する不安
未来がなくなる不安

そんな不安が
たくさん出てくる。

不安があることによって
病院受診を拒否するかもしれません。

不安があることによって
うつ状態になるかもしれません。

不安があることによって
自暴自棄になるかもしれません。

認知症の本人だけではなく
家族も不安に思うでしょう。

その時に役に立つのは
やはり正しい知識です。
(本人も家族も)

 

認知症に対する不安は
偏見からきていることも
少なくありません。

 

無明の状態だと
不安も大きくなるのです。

認知症に対する正しい知識を持ち、
行政などから受けれるサポートを利用し
精神的・身体的・社会的に頼れる仲間を
作る。

それは個人的な仲間でもいいし
NPO法人などがサポートしている団体でも
いいと思います。

また、最近では認知症と言われても
活躍している人もいます。
(その話は別の機会に)

若年性認知症に関心が高まっている今、
サポートなどを調べておくのも
いいかもしれません。