林炎子(はやしもえこ)  

 

にこにこハート株式会社 代表取締役
日本高齢者アタッチメント協会 代表
目からウロコの認知症セミナーコンテンツ開発者
認知症介護歴32年の看護師

 

認知症の正しい知識を手に入れ、認知症や認知症の人の理解を深めることで、認知症介護が楽になるという考えから、認知症に関わる全ての人のQOL向上のためのコンテンツの開発、研修や認定講師の育成のセミナーに力を入れている。

マスター講座・認定講師講座は福島・金沢・東京・埼玉・長野・静岡・大阪・鹿児島など全国から受講生が集まる。

2018年よりバーチャルリアリティ(VR)を使用した認知症疑似体験VRセミナーも開催。

 

小学生の時に両親が自宅で高齢者と障碍者、幼児の入居と預かりのケア施設を始めたため、12歳からお年寄りや障害のある人たちと生活を通して介護を提供。

両親の施設では従来の枠にとらわれない高齢者、障碍者、学童が三位一体となった「小規模多機能、共生ケア」を目指した介護、教育の在り方にテレビや新聞の取材なども受け、ドキュメンタリー映画にもなる。

当時両親を手伝うのは当たり前で、徘徊するおじいさんに付き添って、一緒に迷子になったり、自分の娘の名前で呼んで可愛がってくれるおばあさんに毎日、笑顔と喜びがあった。そんな共同生活の中で自然に認知症患者さんとの「関わり方」を学ぶ。

看護師として、都立病院の脳外科などで10年ほど看護師としてのキャリアを積む。認知症についても学術的、実践的、体系的に学んでいった。仕事は充実していてやりがいもあったがやはり「認知症介護が楽しい、好きだ」と気づき、2011年、介護保険下のデイサービスと居宅支援事業所を運営するため会社の社長に就任した。

 

 

そこで業界の抱える数々の問題に直面し、子供のころの経験、看護師としてのプロの知識と経験からもっと認知症介護の喜びを多くの人に知ってほしい。「関わり」が認知症介護の可能性を広げる、「関わり方」を変えることで認知症の要介護者、介護者、家族全員が幸せになれる方法があることを伝えたい!という強い思いから認知症大学設立の準備を始め、介護以外の経営、心理、コミュニケーション、指導法、教授法なども学ぶ。

 

要介護者とその家族の人生の質を高め、つらさではなく、楽しさを知ってもらいたい、関わりの可能性を開いて「その人らしく生きていくことを支える」最高の介護を世界に発信している。

 

◆家族で支える認知症ケア100ポイントをまとめたkindle本
『家族で支える認知症ケア3つの救急箱~基礎知識編~』ジャンル1位獲得!絶賛好評発売中!

無料PDF/認知症介護を楽にする5つのテクニック

お互いに笑顔になる介護をしたいと思っているけど、どうやっていいのかわからないと悩んでいませんか?

本書は私、林もえこが32年の認知症介護の現場の経験から、

■正しい行動を教えてあげているのに、怒る。
■いつもどおり、普通に話しているつもりなのに、機嫌が悪くなる。
■人混みの中でパニックになる
■出来ないことが多くなってきて困る

といった認知症介護のお悩みに対応する方法を解説しています。

ぜひ、あなたの認知症介護にお役立てください。