97f9e0d2bd92020749b26123ae6a1eb6_s

「今日は何を着て行こう?」
「昼は暑いけど、夜は涼しいんだよね」
 

季節の変わり目って洋服を選ぶのが
大変ですよね。

 

洋服を選ぶとき、何を基準に選びますか?

色、形もそうですが、
季節や気温によって選びますよね。

自分が快適と思う体温になるように、
洋服で調節しています。

 

今日は6月で梅雨だし、25℃らしい。

それなら・・・

長袖だと、ムシムシして暑いだろう。
半袖でいいだろう。
建物の中は冷房が効いているから
ノースリーブまではいかないな。

こんなことを考えながら、
洋服を選びます。

 

これは、今の季節の見当識があって、
過去の経験を覚えていて、
これからの予測をつけることが
できるからです。

 

ところが認知症になって
季節の見当識がなくなってくると、
その季節にそぐわない洋服を
選ぶようになります。
たいていは、着込むことの方が
多いですね。
寒かったら困るという気持ちが
働くのでしょう。

 

実際、デイに通っていただいている方も、
何枚も着てきて、汗ダクになっても、
本人は気付かないということがあります。
寒い季節に着込むのはまだいいのですが、
暑い季節や、5月など急に暑くなる日に
着込むと、熱中症などのリスクが
ありますね。

特に認知症になると、自分の体の状態を
上手く把握したり、表現したりすることが
難しくなりますし。
季節に合わない洋服を着ていても
いいのですが、
体調が悪くなってしまうようだと
困りますよね。

 

季節の見当識がない場合は、
朝、洋服を準備しておくのが一番です。

もちろん、自分で準備できるのであれば
隣でついていて、アドバイスすることで
できることを奪わないで済みます。

毎日は一緒にいられない、
そんなに関われない場合は、
タンスの中を、季節に合わせて
こまめに変えましょう。

上手に組み合わせて、忙しい時は
朝、準備してあげる。

タンスの中を季節に合わせて、
変更しておいて、
時間があるときには、
アドバイスして
一緒に選ぶでもいいと思います。

介護者も生活がありますから、
できるときにできるだけで
いいのではないでしょうか。

あとは羽織るもので
調節できるようにすると、
安心ですね。

 

****************

 

7月のもえことウランの
「認知症介護の楽しさを知るお茶会」の詳細が
決まりました。

日時:7月26日(火)14:30〜16:30

場所:表参道のカフェ
http://www.boheme.jp/omotesando/

参加費:2500円(お好きな飲み物付き)

カフェの予約の都合により、7月24日締め切りとさせていただきます。

FBイベントページ
https://www.facebook.com/events/1021150604661745/

お申し込みはこちらから



認知症介護を大変だと思っている方へ 簡単にできる認知症介護の無料小冊子を プレゼントしています。 ☆認知症介護歴28年・林もえこが教える☆ 「絶対に知っておいてほしい認知症介護の5つのポイント」 お申し込みはこちらから
https://ninchishouch.jp/present/