ea8a6ef95ef80c94f911160c3f454b29_s

最近、物忘れがひどいんです。

「あれってなんだっけ?」の
「あれ」に意識を向けた途端
ど忘れします。

名前が出てこなくなっちゃいます。
行動はできるんですけどねf^_^;

認知症になると
ものごとを忘れていきます。

この忘れるってどういうことでしょう?

たいていの人は、忘れるって
「昨日のご飯を忘れる」
「ご飯を食べたことを忘れる」
「2週間先の予定を忘れる」

その程度だと思っていませんか?

実は認知症による物忘れは
全然違います。

生まれてから、今までの覚えてきたことを
忘れていくのです。

ものの名称も然り
「ズボン」
「コップ」
「トマト」

行動も然り
「トイレでズボンを下げる方法」
「コップで水を飲む方法」
「トマトをお箸で食べる方法」

こういうことをちょっとずつ
忘れていくのです。

だから、
ズボンがはけなかったり
コップにお米をよそってみたり
トマトでテーブルを拭いたりするのです。

別に、困らせてやろうと思って
やっているわけではありません。

こういうのって、知っていれば
「ああ、そうか」と思いますが
知らないと
「なんで?」「どうして?」と
言ってしまいがちです。

認知症で忘れていくということは、
今まで覚えてきたことを忘れること。

そう思って対応しましょう。

このように、知っていれば
「ああそうか!」と
介護が楽になるヒントがつまった講座を
10月1日に行います。

1000円と格安なので、ピンと来た方は
お申し込みください。

++++++++++++++++
認知症介護が楽になる「おだやか介護
4つの方法」を介護歴28年の講師に学ぼう

日時:10月1日(土)14:00〜16:00
会場:多摩平の森ふれあい館3F集会室6
東京都日野市多摩平2−9
講師:林炎子
参加費:1000円
定員:70名
主催:つどい場さざんか
申し込み:TEL&FAX 042-581-3739
E-Mail sazanka3739@aroma.ocn.ne.jp
後援:日野市社会福祉協議会
家族会「すずの会」