先日、とあるセミナーに
出かけた時のこと。

そこにいた方達と
名刺交換しようとしましたが、
名刺入れがない・・・

う〜ん、どうしよう。

忘れたものはしょうがないので、
「名刺入れ忘れちゃって」
「ご希望なら付箋に書きますが」

そう言ってまわりました。

その反応は
「Facebookでつながればいい」
という人もいれば
「付箋、面白いね〜。ちょうだい」
という方も。

まあ、私は名刺入れをよく忘れる。
もともと忘れ物が多いし。

カバンの中に名刺入れを
入れておけばいい。

そんな解決策もありますが、
カバンって、いくつかあります。
そうですよね?

だから、名刺入れの入っていないカバンで
出かけたら、アウトなわけです。

私は、忘れ慣れてるので
忘れても平気だけど、
これが認知症の人ならどうでしょう?

連絡先を書いた紙をカバンに入れておく。
迷子になりそうな方には
とてもいい対処方法ですね。

でも、
連絡先の入ったカバンではなく、
違うカバンで出かけたら?

連絡先がわからなくなってしまいます。

どうしたらいいかと言ったら、
全部のカバンに
連絡先を書いた紙を入れる。

連絡先を入れたカバン以外は
片付けて、持ち出せないようにする。

必ず身に付けるものに
連絡先を書いておく。

そうすることで、
迷子になった時に
連絡が取れる確実性が
あがるのです。

私も、全部のカバンに
名刺入れを入れておこうかしら。

 



認知症介護を大変だと思っている方へ 簡単にできる認知症介護の無料小冊子を プレゼントしています。 ☆認知症介護歴28年・林もえこが教える☆ 「絶対に知っておいてほしい認知症介護の5つのポイント」 お申し込みはこちらから https://ninchishouch.jp/present/