秋の長雨とはよく言ったもので
秋の関東はしばらく雨続きでした。

やっと晴れたと思ったら
寒くなって、
秋っぽくなりました。

雨も情緒があっていいのですが
なんせ洗濯物が乾かない。

部屋に干すと洗濯物が
臭くなるので、
部屋干し用の洗濯洗剤を
買いに行きました。

ドラッグストアには
いくつもの種類の洗剤が
並んでいます。

洗剤だけではなく
漂白剤、柔軟剤なども…

洗剤だけでも、粉の洗剤、
ジェル状になっているもの、
柔軟剤入りの液状のものなど
様々です。

選択肢が多すぎて
迷っちゃいます。

もう、どれを選んでいいのか
わからずに、適当に
匂いで決めて、買って来ました。

選択肢がありすぎるのも
ちょっと困りものですね。

認知症の人も、
選択肢がありすぎると
困ってしまいます。

それは、「判断」が
できなくなってくるから。

判断基準がわからなく
なっているから。

どれが自分に適しているのかが
わからなくなってしまうのです。

そこで、選ばせようとすると、
混乱します。

混乱すると、不穏の原因となります。

「わからないことをさせる嫌な人」に
なってしまうのです。

認知症で
判断ができなくなっているなら
判断基準を一緒に考えましょう。

できたら2択がいいですね。

「温かい飲み物?冷たい飲み物?」
「コーヒー?紅茶?」
「砂糖を入れる?」

そうすることで、
混乱せずに選択することが
できるのです。



認知症介護を大変だと思っている方へ 簡単にできる認知症介護の無料小冊子を プレゼントしています。 ☆認知症介護歴28年・林もえこが教える☆ 「絶対に知っておいてほしい認知症介護の5つのポイント」 お申し込みはこちらから https://ninchishouch.jp/present/