世の中には様々な
認知症予防の情報が
あります。

 

認知症予防の方法には
運動や食事、脳トレや
アロマなどもありますよね。

これらがなぜいいのかというと
脳の回路を増やすからです。
脳を活性化させるからです。

でも、ただ認知症になりたくないからと
やりたくもない運動を
義務のようにこなすのでは
あまり意味がありません。

脳の活性化のために重要なのは
やはり、好奇心や
ドキドキ・ワクワクです。

 

例えば、脳にいいからと
嫌いなものばかりを
一人でボソボソと食べる。

やりたくもない運動を
黙々と続ける。

脳トレのドリルを
制限時間内に
苦しみながら解く。

これじゃあ脳は活性化しないし
そもそもつまらないです。

ツールが目的になってしまっているから。

そもそも、なぜ認知症を予防したいか
脳を活性化したいかといえば
人生をよりよく楽しみたいからです。

だったら、好奇心を持って
楽しく食事をしたり運動をする。
それが脳トレになっているのが
一番いいと考えています。

また、食事、運動、脳トレは
別々なプログラムでやるより
全てが絡み合ったプログラムの方が
効果があると思っています。

その理由は次回お伝えしますね。